Google Appに関する情報は未だ日本ではとても少ないので分かった事はシェアしておきたいと思います。

私がこの数日で試し、良い感覚を覚えたのは「ウェブページ」と「カレンダー」です。ブロガーのカスタムドメインとGoogle Appではカレンダーについて否定的な意見を書いてしまいましたがこれが結構使えました。正直、見直して、使って、惚れました(笑)。

何にそんなにジーンと来たかと言いますと、複数のカレンダーが1ページで管理出来る事です。

「なぁ~んだ、そんな事かよぉ!」って言わないで下さい。確かにそんな事なんですが、その複数のカレンダーにチェックを入れた予定情報が1ページのカレンダーに全部表示され、しかもカレンダー毎に色分けが出来るんです。

我が家は妻と娘の3人家族なんです。妻は外で働く看護士さん、娘は行事の総合デパートとも言える幼稚園の年長さん、そして私は自営業のネット企業家なんです。

私の仕事はもっぱらリサーチやウェブサイトの構築メンテナンスなどが主であると同時に家の家事や娘の世話もコナス働くアットホームダディーなんです!

妻は夜勤もあり、娘はプールに通っていて、私はパソコンの前で一日中闘っています(笑)。家族という単位で月の予定をざっと一元的に見れるカレンダーが前からずっと欲しかったのです。それがこのGoogle カレンダーだったのです。最も共有のカレンダーとして作成しないとこれは出来ませんがね。

そんな訳でGoogle カレンダーは私にとってはとても重宝する家族計画の発信基地になるツールに変貌しました(笑)。

さて、もう一つのお気に入りである「ウェブページ」について少しお話します。

先ずは作ってみたページを紹介しますね。パソコン関連周辺機器情報と言うパソコンの周辺機器に関連した商品を紹介するサイトです。

Googleのウェブページのポイントを以下に示します。

①HTMLの編集やjavaスクリプトは自由に記述可能
②HEAD,BODY,FOOTERの編集は出来ません。
③画像やファイルは管理画面からアップロード可能
④サイトのデザインは提供される中から選択
⑤1カラム、2カラム、3カラムの内の1つのレイアウトを選択
⑥多数のウィジットが提供されている
⑦サブドメイン毎にページ指定でHOMEPAGE指定が可能
⑧記事タイトルがそのままHTMLページ名になる(初期値)ので要注意!
最初は英文字のキーワードでページを生成して、タイトルは後から
日本語で編集保存するのが良いかも知れない。
2008/4/23 追記
⑨XHTML形式のページファイルをアップロードしてもサイトページとして認識出来ず。
やはり管理画面の雛形をベースのページを作成するしかないのか?

と私が感じたウェブページのポイントは以上になります。

まだ、インデックスさえされていないのでSEO的にどうとかは全く未知数です。とりあえず少しずつ記事とリンクを増やして様子を見るつもりです。何か新しい発見があったらこの記事にリンクして再度紹介したいと思います。