ドラフトn(ieee802.11n)は、今の私には不要です。無用の長物と言っても過言ではありません。だけど、欲しい!です(笑)。

ちなみの現在の私の無線LAN環境はieee802.11gとieee802.11bの混合です。JCOMでCATVでのインターネット接続なのでMAXで30MBの速度なんですね。今の無線LAN環境が54MBpsなので十分間に合ってしまっているのですよ(悲しい…)。

ieee802.11nは最新の無線LAN規格で以前のieee802.11gの約6倍の300MBpsもの接続スピードが実現可能と言われています。まぁ実際には100MBps以上?くらいが平均的な様ですが、FFTH(光接続)されている方にとっては絶好の無線LAN規格と言えるでしょう!

私も光接続でインターネット出来る環境になった場合は真っ先にドラフトNを試してみたいと考えております。

でも、何もインターネット接続だけが恩恵を受ける訳でもありませんよね?

無線LANで構築したファイルサーバー間の接続がこのスピードであればパソコン同士の共有ファイルの受け渡しなども飛躍的に転送時間が短縮されそうです。

有線LANでの接続よりも、ieee1394接続よりも、ieee802.11nの接続の方が理論的には早い事になります。このあたりを既に実践されている方がおりましたら教えて頂けたら嬉しいです。