数日前の記事で「番外編:スゴ録の自動時刻調整機能」と言うのを紹介しました。

そして我が家のビデオデッキ(SONY)もスゴ録も内臓時計がバッチリ合いました。

今日の午前中は右画像の「しゅごキャラ」「メジャー~熱闘リトルリーグ編」の放送時刻が重なるもので、スゴ録でメジャーを予約し、何年も予約録画した事が無いビデオデッキ(Gコードさえ未対応)でしゅごキャラを予約録画しました。

10時過ぎに何気なく新聞のTV版を見ていると、テレビ東京で9時30分から「しゅごキャラ」が目に飛び込んできました。

「アレッ?」…確か、テレビ朝日で予約しちゃったかな…(汗)

私の記憶に間違いなく、しっかり東国原知事や橋本知事が写っているニュース番組が録画されていました。娘に平謝りの情けない父でありました…。

ま、やっちまったものはショウガナイんですが、改めて最近の家電製品の性能の高さに感動しました。

番組予約一つにしても、日本語でタイトルがあるのを選んで予約するスゴ録と、

チャンネルと録画開始日時と終了日時、録画モードを手入力して最後にビデオの電源をOFFにしなければ予約タイマーが働かない数年前までのビデオじゃ雲泥の差ですね。

こんなトラブルがあると文明の進歩に慣れきってハングリーさを忘れた自分が悲しくなります(そんなに大袈裟な事じゃなかろうに(笑))。

これまた蛇足ですが、

家のTVは最近写りません(笑)。電源投入後約10分くらいは暗いままです。修理に出す間どうしたものか?車の車検の時の代車の様なサービスは無いのかな?と考えていました。

WEBで調べてみるとTVのレンタルが良さそうなんで検討しようかと思っています。一月借りて往復の送料込みで15インチのTVが6,500円 で借りられそうなんです。