8月のお盆前くらいに購入したデルのVenue8についての口コミレビューを書きたいと思います。購入してから今までかなり弄くり倒していますが一貫して思うのは、画面が綺麗、色が鮮やか、動画もとても滑らかで美しいということです。

なので、マンガを読んだり(電子書籍リーダー)、写真を撮ったり見たり、動画を見たり、ネットサーフィンする目的でなら100点満点の8インチタブレットだと思います。

その上で、

  1. 8インチにしては軽いけど5インチのスマホよりは、かなり重たい(笑)
  2. 持っていると結構熱くなる。(やけどはしないけどね)
  3. 搭載メモリが1GBなので節約する必要ありです。

これら全て受け入れての100点満点です。

◆ファームウエアのアップデート
新規購入して電源投入後に3回のファームウエア更新がありました。その後、8月の末か9月の頭あたりにまたアップデートが落ちてきました。それまではAndroid4.4.3だったのが、この8月末の更新でAndroid4.4.4に更新されています。
この更新で余計なDell Castという機能が追加されています。
ChromeCastと同じ様な機能なのであるのは良いのですが、ただでさえメインメモリが圧迫されているんだからかってに常駐させるなよ!って感じです^^
しかも、無効に出来ないし、アンインストールも出来ない。
さらに以下の様にDellCastKeybordが追加されデフォルトでチェックが入ってこれも取れない。幸いに以下の様にATOKが有効になっているので実害は無いがハッキリ言って要らない機能だし、何より無効に出来ないのが嫌だ。

マイクロSDカードを挿入するのがココです。9月半ばに発売されるLTEモデルのSIMもここに入れる場所があるようです。最大で64GBまで認識するらしいですが、私は32GBのMicroSDカードを入れて使っています。
ちなみに裏蓋とか無いのでバッテリーを取り外すことなどは出来ない仕様です^^
左がボリュームボタンで右がマイクロUSBポートです。
本体上側の電源ボタン+ボリューム下ボタンを長押しするとスクリーンショットが簡単に撮れます。
本体の電源を切った状態で、
本体上側の電源ボタン+ボリューム下ボタンを長押しするとFastbootモードでタブレットを起動されることが出来ます。
マイクロUSBジャックはあまりスムースでなくちょっとひっかりがあります。実害がありませんがあまり出来の良いジャックでは無い事は確かです。

マイクロUSBには色々なUSB機器が繋げます。
普通にUSBメモリも繋いで認識するし問題なく使えます。
この変換コードをかませるだけです^^

他にもUSBキーボードも普通に使えますし、USBマウスも当然ですが普通に使えました。

などなどです^^

スピーカーは普通に良い音でした。が、1週間くらいでビリビリバリバリのノイズだらけになってしまいました。ルート化対策で色々と中国製のソフトとかたくさん試したのでその影響だと思っていますが、基本的にハードがおかしくなった(つまり内蔵スピーカーが壊れた)のだと思います。中国製のソフトを試したことが引き金だとは思いますが、スピーカーは期待してはいけません。

なので、今はこのスピーカーをBluetoothで使っています。お世辞にも良い音ではありませんが普通に聞けるし、ペアも問題ないし、手軽で良いです。

ペアリングする時の注意点としては、Venue8の正面にこのスピーカーを置かない事です。ちゃんとVenue8の後ろに置いてください。そうじゃないとみっけられない様です^^

ペアリング後は自室から5メートル離れたリビングにこのスピーカーだけ持っていってもMiwaの歌声が聞こええていました。ずっと途切れないのでそのくらいの距離なら離れても大丈夫な様です。

実際に購入してか毎日使って思うのが、スマホとノートパソコンの中間的なアイテムだと感じます。スマホよりはずっと色々なことが出来ますが、やっぱりノートパソコンに比べると使いにくいところもたくさんあってまだまだ仕事で使うには相当無理があります。

やっぱり、生活の中の楽しみの象徴っていうのが一番ピンときます。

  • リビングで簡単に調べ物
  • クックパッドでレシピをチェック
  • SNSで仲間と交流
  • Youtube動画やFC2動画を楽しむ
  • GooglePlayで動画や映画や書籍やゲームを楽しむ

見たり、ちょと書き込むには丁度良い。寧ろ、しの部分においては高級なノートパソコンより上の性能を持っています。

逆に、書き物中心の人の場合は軽くてスタミナのあるノートパソコンをオススメしてたいと思います。

DELLのVenue8は家族や個人が楽しむ時間に最もふさわしい8インチタブレットだと思います。