マザーボードは3年から4年に一度は組み直すべきかなぁ

今使っているデスクトップの自作機は2012年9月に組み直したマザーボード+CPUです。AMD A75 FCHチップセット搭載マザーボード F1A75-V PROなのですが最早アマゾンさんでは取り扱い商品ではありません。

[amazon_link asins=’B006J420UE’ template=’ProductLink’ store=’pasokon-news-22′ marketplace=’JP’ link_id=’11db4012-ac51-11e8-9159-ff70be90b900′]

CPUはこれを使っています。当時は最新のモデルだったと記憶しています。

このマザーとCPUにする以前に自作を組んだのは、おそらく2004年から2006年頃だと思います。AOPNのAK79D-VNにAthlonXP3200だったかな?のCPUを使っていた様な気がします。

AOPENからASUSにマザーを変更した理由

AOPENからASUSにマザーを変更した理由はグラフィックスボードの新しいモデルからAGPが消えた事だった様に記憶しています。

ASUSのT2P4からAOPNのAK79D-VNに変更した理由

AOPENの前はASUSのT2P4だった様な気がします。組み替えた理由はISAバスがほぼ消えて、PCIバス経由のビデオカードがAGP仕様に変わったのが大きな原因だったかと。

それて今、また、マザーボードを変更したい衝動に駆られています。

今、 F1A75-V PROから新しいマザーボードに変更したい理由

今は、PCIeスロットにSSDを刺して使うのが一般的なのです。グラフィックボードもこのPCIeを使うのが一般的なのです。

なのに、スフィアは、グラフィックはGPUにお任せでPCIeスロットは空きまくりで全然使っていない状態です。今使っている F1A75-V PROは、 x16スロット×2、x1スロット×2、PCIスロット×3といった感じでPCIeスロットは4個もあるので使えるのは使えるのですがGen2なので最新のGen3ではないのです。

ですので、マザーボードを変えなくてもM.2 SSD用にインターフェースカードを購入して、そのインターフェースカードに対応したSSD(M.2 SSD Mタイプ)を購入して装着すれば、それをマザーボードのPCIeスロットに装着する事でPCIe NVMe SSDを設置する事は可能なのです。なるべく早くそうしたいです^^。

 

[amazon_link asins=’B01J36B75S’ template=’ProductLink’ store=’pasokon-news-22′ marketplace=’JP’ link_id=’412cdf10-ac54-11e8-ba73-5510d3761767′]

 

こんな感じの組み合わせてで今付けている普通のSSDの4倍くらいの速度が出る可能性が手に入るのです。スフィアの場合はGen2なのでそこまでの速度にはならないと思いますが、2倍にはなると目論んでいます。

SSDにはいろんなタイプと形式がある

普通のSSDはおなじみなので説明不要かと思います。2.5インチのあの形です。

それ以外で、mSATA(エムサタ)

とM.2(エムドットツー)があります。

M.2の中には3つのタイプが存在していて、M KEY,B KEY, M KEY + B KEYと分かれています。

M KEYのSSDは、PCIe AHIC SSDとPCIe NVMe SSDの2種類で、以下の様なSSDです。

[amazon_link asins=’B07CKJVZF4′ template=’ProductLink’ store=’pasokon-news-22′ marketplace=’JP’ link_id=’7d9cd30c-ac54-11e8-b31b-fd5f8e7e2ffc’]

 

M KEY + B KEYはSATA SSDという形でこちらは、以下の様なSSDです。

[amazon_link asins=’B073SBV3XX’ template=’ProductLink’ store=’pasokon-news-22′ marketplace=’JP’ link_id=’6623625f-ac56-11e8-b36b-69c697833857′]

ピンの凸凹の位置や形状が異なります。

それぞれのマザーボードなどの対応状況により切り分けて選ぶ必要があります。