今日久しぶりに昔使っていたWindowsXPのマシンを箱から出し起動させてみた。VAIO TYPE L VGC-LB50という往年の人気モデルです。

このマシンにWindows8.1を入れようかと思ったのですが、結果的にS●NYという企業の顧客独占欲をジンジン感じるBIOSの設定のよって阻まれてしまいました。

何のこっちゃ?

実はこのマシンですが内蔵のDVDドライブが読み込みも書き込みも出来なくなっております。それで、BIOSもUSBブートをサポートしていません。

じゃあ、仕方ないや、外付けのDVDドライブからインストール出来るだろうと思ってインストールしようとしてもDVDを読みにいかない、、、おかしいな。

BIOSを確認してみると、Internal DVD DRIVEとかInternal HDDとかあるけど、外部DVDやUSB-HDDからの起動は一切サポートしていなかった。

これじゃ純正のリカバリーディスクから初期化するだけでも内蔵のDVDドライブの交換修理に出すしかないじゃんか。

しかもスロットインタイプなんで似た様なDVDドライブを探してきて自分で交換するのも微妙にサイズが合わない可能性も大です。

嫉妬深いS●NYさんの「誰にも取られたくない!」っていう顧客愛が溢れているVAIOのBIOSのお話でした。お粗末。

追伸;

今、Amazonさん見ていたらこんなクリーナー見つけました。

これ使ったらVAIOのDVDドライブも復活するかな?かなり高額ではありますが、全く同じDVDドライブ探したり、修理にだしたらこの倍じゃきかないんで要検討ですね。

他にも家のDVDプレーヤーにも使えるし、真剣に購入を検討しようと思います。

よくよく考えるとリビングのBDレコーダーも過去のDVDの読み込みエラーを起こすこともあるのでどちらにも使えそうな以下を注文しました。

お試しレポートも書きますね!