リアル世代で80年代のアイドル時代を生きてきた揚太郎ですが、この度「あいみょん」を聴いてみました。

音楽は大好きで、特に好きなアーティストは「カーペンターズ」「竹内まりや」「ジャクソン・ブラウン」「ジョン・クーガー」「スピッツ」「ラブ・サイケデリコ」などなどです。

洋楽ハードロックで言えば、エアロスミス、スコーピオンズ、MrBIG、ボンジョヴィ、ジョーンジェット、パットベネター、オジーオズボーン、そして憧れのギターヒーローで一番のフェイバリットボーカリストでもあるのが「ゲイリームーア」です!

フィギアスケートの羽生弓弦くんが「パリの散歩道」

を使ってくれた時はゲーリームーアファンとしてとても嬉しかったです。

と、音楽に関してはそういう感じのバックグラウンドを持った自分があいみょんに感じた事を書きます。

 

プライム会員になっているので今だと、あいみょんの「青春のエキサイトメント」がPrime対象なのでアルバム毎全部無制限に聴く事ができます。

あいみょんの何が良い

たぶん声が凄く良いと思う。中低音のシンが太くて繊細な声。加えて、滑舌が良く、早口でも何を言っているのかちゃんと聞き取れるので、リスナーへの浸透性が恐ろしく速い。

あの声に、『ちょと過激な尾崎豊みたいな詩』と言葉選びのセンスが自然に聴く人を惹き付ける感じが凄い。

50過ぎのオヤジの耳にもしっかり届く叫びやつぶやき。癖になりそうです。

ここ数十年で1回アルバムを聴いてもう一度聴きたくなったアーティストは彼女だけです。