物置整理をしていたら懐かしいPDAが出てきました。往年の名機「PSION Series 5 MX PRO」です。

おそらく15年以上前に購入して3年くらは使っていたのですが、リナザウルスを使う様になってからいつの間にか押し入れに眠っていました。

起動

起動はするもののエラーです。かすかな遠い記憶では何かカスタマイズしようとして失敗してこういう画面になっていた様な気がします。

付属のCD-ROMにバックアップROMがあるので復活させる事は可能だとは思うのですが、PCとの接続ケーブルを紛失してしまいました、、、。

おそらく家を引っ越しした際に間違って捨ててしまったんだと思います、無念、、、。

代替品

mini RS232Cケーブルなのでちょと探したくらいで代替品はありません。本家のイギリスで購入すると、

https://www.psionex.co.uk/en/s5mx-rs232-link.html

なななんと、ケーブルだけでおよそ5000円もします。

この見たこともないRS232CのミニジャックはこのPSIONだけの仕様の様です。

どうも、RS232Cの規格の決め毎が定義されているのはモデムなどの終端装置側(DCE)であって、パソコンなどの端末(DTE)側は何でも良いという事なので、DTE側であるPSION Series 5 MX PROはこういったオリジナルのシリアルケーブルのジャックになっている様です。ますます代替品の可能性は潰れちゃいますね、、、。

何とかしたかったけど、ちょっとどうにもならないかなぁ~。残念です。