モデルに使うHDDは先ほど完全にデータを抹消したHDDです。

このHDDに以下の様なデータをコピーしました。

ISOファイル、MP3ファイル,flvファイル,画像ファイル,実行ファイルなど各種ファイルを一旦削除して、ファイル復元ソフトで復元率を比較する実験材料のフォルダイメージ。

 

これを(総容量19.2GB)完全削除(ゴミ箱を経由しない削除の事)します。 

 

 

削除実行

 

 

完全に消えました。

 

EaseUS Data Recovery Wizard 12.0 で検証

 

今回は単純に削除ファイル(フォルダ)の復元だけなのでディープスキャンせずにクイックスキャンのみでスキャンは終了。およそ10秒程度。

 

 

全選択してリカバリーボタンを押します。

 

 

リカバリ先を指定します。

 

 

※上でファイルの復元を選択し忘れたので後付けで指定完了しております※

リカバリー作業実施中(見込みで19.2GBのリカバリーにおよそ12分程度)

 

 

 

犬夜叉完結編も、ISOファイルも画像ファイルも音楽ファイルも全部きちんと元通りに復元出来ました。

 

 

 

ファイナルデータ11 plus 特別復元版で検証

 

詳細スキャンはせずに基本的なスキャンのみで3分程度。

 

 

ルートディレクトリにディレクトリ構造はきちんと再現されている様です。

削除ファイルに拡張子毎にまとめられて対象のファイルが確認出来ます。

全て選択して、全て復元してみたいのですが、

 

 

トライアル版なのでこれは出来ません。残念です。少しくらいは復元させて欲しいと思いますね。

※スキャン結果を保存しておけば一旦閉じても後で再度スキャンせずに再開出来る機能は保有してあります。※

 

ファイナルデータ2007で再検証

 

ウィザード形式で復元処理を行うとこの画面になり、全てがファイル単位の復元になってしまう。

元通りにフォルダも含めて復元したい場合は「高度な復元」メニューからの処理が必要です。

 

 

高度な復元メニューから、ドライブを指定して全選択して復元アイコンを押します。

 

 

Dドライブに復元するので指定して復元します。

 

 

こちらも全ファイル見事に完璧に復元されました。

 

所用時間はおよそ10分なので、EaseUS Data Recovery Wizardより少し早いという結果になりました。

実際に差というほどの差はありません。


ファイナルデータ11plus 特別復元版

 

有料ファイル復元ソフトの選び方

さて、真っ新なHDDに各種データを書き込み、完全削除からの完全復元の実験は、「EaseUS Data Recovery Wizard12.0」と「ファイナルデータ11 plus 特別復元版」どちらも素晴らしい結果で甲乙付けがたい事実が示されました。

  1. 出来る事はほぼ同じ
  2. 復元スピードもほぼ同じ
  3. スキャンした履歴はファイル保存しておけるので後日復元する際にスキャンを重複してしなくて済む
  4. ファイルやフォルダの復元は普通のデスクトップ環境(NASやRAIDではない)では100%の復元率

異なる点は、

  1. お値段
  2. 操作性

となります。

今回のレビューで画面キャプチャーは多く使わせて頂いております。

よしこ先生

画面の操作性や処理の見通し性など、マニュアル読まなくても自然に作業が出来るのはどちらでしょうか?

ナッキー

インスピレーションでどちらの方が使い易そうと感じて頂けたでしょうか?

Mr.マスター

ファイル復元作業はただでさえ緊急事態のエマージェンシー状態です。そんな時にいちいちマニュアル読んでいられません。

お値段の差は良く考えられたインターフェースと人の目の動きにあった機能の配置と思って良いと思います。10年以上ほとんどインターフェースが変わらないのはやはり不自然に感じます。

ナッキー

数社のファイル復旧ソフトウエアは基本的に「直近の失ったファイルを復元する」事にしか労力を傾けていないが、『EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0』や『ファイナルデータ11 plus 特別復元版の高度な復元メニュー』はディレクトリ構造(パーティション内のフォルダ階層)をも復元してくれている。

余計なものも多いがファイルだけでなくフォルダ単位で復元を求めるユーザ-も多いはずなので、そういったユーザーには大変ありがたい仕様だと思います。

鈴駒

他社のファイル復旧ソフトは操作の肝となるGUIインターフェースの作りが入力にしか向いていない。

なので復元時(出力時)のインターフェースが雑なものが多いです。EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0については復元においても操作しやすいインターフェースを提供してくれております。

健康じいさん

ファイル(フォルダ)復元ソフトの一番大切な機能はアウトプットなのに他社さんはソコをあまり見ていないと思います。

 

ユーザーニーズは刻々と変わるものですからね。

「ファイナルデータ11」はWindows2000のインターフェースが大好きで、パソコン関連の技術や知識に長けた方にとっては扱いやすいファイル復元ソフトかと思います。なので、私はファイナルデータを使い続けてきました(笑)。

「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」は高度な作業を出来るだけ簡単に分かり易く実現させる為のツールで、主に女性の方や、パソコンにあまり詳しくない一般的な男性を対象にしたファイル復元ソフトと言えるかと思います。

でも、今、「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」の製品を使っていて思うのは、奥さんや子どもに奨めるなら断然これ!という思いです。

 


EaseUS Data Recovery Wizard 12.0


「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11

To the top